籠の鳥:初期設定メモ

なんだか最近『囚人学生ったー』というのをちょくちょく見かけてたんで、

興味が沸いてキャラ作っちゃいました☆

 

交流は今のところ主人公くんだけにしとこうかなって思ってます。

(他の奴らが動かしづらい)

 

とりあえずキャラデザと設定を作ったんで置いておきますが、

案の定予告なく改変する場合があります。

ご了承ください。

 

 

須藤優一(主人公) 初期設定

診断結果【2年A組  寮:302号室(3階)

    収監理由:『傷害罪』

    赤いメッシュの入った黒髪に赤色の眼をした囚人学生。

    無欲な性格で、右目の視力が弱い。

    また、霊感がある。3年B組に嫌いな人物がいる】

 

母の連れ子、旧姓は園田。父親は病死している。

幼い頃から右目の視力が悪く、その目でのみ霊が見える。

一年前に行き過ぎた虐待で義父に殺されかける。

その時、姉が義父を殺害。それを母親は止めようとしたが芽衣子が殺されてしまうと勘違いして

突き飛ばしてしまう。その時に母親は頭をぶつけ、出血。これが傷害罪となってしまう。

その後、母親の通報により二人は捕まり、囚人学校へ送られる。

目立たなくてもいいので普通の人生を歩みたいと願っていたため、

過保護な上に囚人学校に入ることとなってしまった姉を嫌っている。

だが憎めないでいるし、あの時姉を助けた気持ちも忘れられないでいる。

須藤芽衣子 初期設定

診断結果【3年B組  寮:101号室(1階)

     収監理由:『殺人罪』

     黒と紫のツートンカラーの髪に灰色の眼をした囚人学生。

     精神異常気味な性格で、極度のブラコン。

     また、トラウマを抱えている。2年A組に憧れの人物がいる】

 

父の連れ子。母親の浮気で離婚。三つ下の弟がいたが事故死している。父親は元からDVの気があった。

義母の連れ子である優一に執着しているのは、笑った顔が死んだ弟に似ていたから。

再婚して以来、病的なまでに過保護に優一を守ろうとする。

父親の虐待が行きすぎて優一が殺されそうになった時に思わず父親を刺し殺してしまう。

囚人学校に入ることになっても、優一が一緒なので良しと思っている。

父親を殺した罪悪感はなく、優一を守ったという達成感だけがある。

志野弘和 初期設定

診断結果【2年B組 寮:102号室(1階)

     収監理由:『放火罪』

     銀髪に紫色の眼をした囚人学生。慈悲深い性格で、笑顔を絶やさない。

     また、機械に強い。2年C組に片思いの相手がいる】

 

年老いた両親の間に生まれた一人息子。右目が斜視で、そのことで虐めを受けていた。

主犯格だった少年の家に火を放つ。少年と家族は死ななかったが放火の現場を目撃されており、囚人学校へ入れられる。

炎には浄化作用があり、彼の罪を清めてあげようとしたというのが彼の言い分。

斜視の右目は髪で隠し、常に笑顔を浮かべているが目は笑っていない。

秋山愛 初期設定

診断結果【2年A組  寮:101号室(1階)

    収監理由:『銃刀所持罪』

    青髪に銀色の眼をした囚人学生。

    信仰心が篤く、常にヘッドホンを着用している。

    また、読書が好き。1年A組に仇がいる】

 

クリスチャンの両親の影響で自身も信仰深い。だが信じる者以外救う必要はないという考え。

刃物を集めたり触れていたりするのが好きだった。

また、神への生贄と称して小動物を屠ったこともある。

聖書の中身をくり抜いて短剣を入れているのはある映画の影響。

大量の刃物の所持が見つかり、囚人学校へ。

本当に救われたいのは自分自身だと言うことには気付いている。

相関図(仮)


 

 

鳥籠メモに戻る