本編初期設定:師匠と大臣と秘書

 

個人的なメモも兼ねています。

荒ぶったりもします。

初期設定なので変更する可能性がありますよ。

容姿とかね。特に師匠の服と大臣の髪がね。

 

では早速書いていきます。

分かりやすいように見出しもつけちゃえ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

麗香

苗字は不明。

愛称は師匠。

 

夕ちゃんのお師匠様でした。

半年ほど稽古つけてた、という設定です。

淫魔を父に、魔術師の人間を母に持つハーフです。

彼氏に浮気された若かりし頃のお母さんが淫魔を召喚してなんだかんだ復讐して(超曖昧)、

そのままゴールインみたいな感じです。

 

まあしかし悪魔の召還は法律上禁止です。

なので駆け落ちとかしたんじゃないかしら。

親子三人相当肩身狭かったと思います。

尖り耳は淫魔の遺伝です。

あとフェロモンを出して前後不覚にさせたりも出来ますが、師匠に心を許している相手にしか発揮出来ません。

 

そして目は黒です。瞳の形はハート。

まつ毛はバサバサです。上の方が厚目、下まつ毛もみんなより多い。

 

ここまでの設定はあまり変わらないと思います。

 

 

 

んで、初期服はスーツでした。胸元見せびらかし、襟は立てるスタンス。

そしてスリット入ってるタイトスカート。

 

しかしね、スーツスタイルが多すぎなんですようちの子に。

しかも大臣もちゃんとした服装しなきゃいけないからスーツでしょ?

もうスーツまみれ。意味不明。

なので服装チェンジ!!

 

 

お金持ってそうなイメージあるんで、

袖に黒くてふわふわした何かと襟元に描けもしないフリルなんかあしらっちゃってちょっとゴージャス風に。

あとビッチ(女性に対して)なんで露出高め+ガーターにチャレンジ。

斜めになってるのは髪型と対にしちゃおうかな、なんて思ったりして。

 

そして最終手段として

「師匠はお洒落さんなのでたくさん服を持っている、これはその内の一つ」

という設定を使います。

いいんだ。師匠はサブメインキャラ唯一の私服キャラなんだから……。

 

 

さて、墓穴を掘りすぎたので次に進もうと思います。

 

師匠はお屋敷持ちで、そこにたくさんの女の子と住んでいます。

女の子たちはみんなそれぞれ訳ありで、強くなりたいと願っている子たちです。

その子たちに体術なんかの稽古をつけているのでお師匠様と呼ばれています。

大勢の女の子を養えるくらいお金持ちらしいんですが、どうやって稼いでいるのかは不明です。(設定はちゃんとあるよ!)

 

夕ちゃんも本編が始まる半年前に師匠の弟子になりました。

現在の夕ちゃんは、実はイメチェン後の夕ちゃんです。

改造したのは師匠。口調や髪型、態度なんかを自分好みに調教しちゃいました。

師匠はめっちゃ強いんで夕ちゃんは未だに買ったことがありません。

+淫魔フェロモンによってで完全に師匠には逆らえません。やられたい放題です。

 

 

師匠もね、最初からレズだったわけじゃないと思いますよ。

男の人もいいんだけど、なんか体目当てとかばっかりで嫌になっちゃったりして。

女の子は可愛いし愛らしいし自分が主導権握れるし、というわけでレズになったんじゃないかな。

可愛い男の子は好きです。見た目女子で性知識に疎い冬彼なんかは完全に対象になってますね。逃げて。

 

 

 

夕ちゃんから見た師匠。

稽古中の師匠は容赦なくスパルタだしプライベートじゃセクハラかますわビッチだわで大変な思いしてるけど、

自分をここまで強くしてくれたし、厳しく時には優しくしてくれたのでなんだかんだ言って懐いております。

 

そういえば自分でも忘れかけてたんですが、夕ちゃんの初期設定はツンデレです←

最近はセルフ二次が捗りすぎて失念してましたが、

別になくても困らないスキルなんでいいかな~ちょっと素直になれないだけなのかな~。

でもベッドの上じゃあ正直なかr

 

 

主岡秀

 

万事屋省を発案・設立し、更に現大臣の主岡秀さんです。

 

万事屋省が出来たのって、何千年も前って設定なんですね。

なのに何でこいつ生きてんだっていうと、賢人族っていうめっちゃ長生きな一族なんです。

 

長命で、高い魔力を持つ人間の一族。

その代わり極端に体が弱く、ただの風邪で死ぬこともある。

『若い体』に『変化』する能力を持ち、寿命を延ばす術を持っているが、術を使用する前の肉体に戻ると死に至る。

多くの者は二種類(青少年頃と中年頃)の体を使い分ける。用語集より引用)

 

書くのが面倒だからって自分のサイトから引用するという暴挙に出ました。すいません。

まあとにかく詳細を書きます。

 

賢人族の知名度が今より低かった頃、凄い魔法をたくさん使えるということで人間は賢人族を尊敬してました。

しかし、賢人族の人たちって二十歳くらいから老化スピードが常人より遅くなるんです。

だから四十歳とか五十歳になっても肉体年齢は二十歳のまま。

それが気味悪がられて迫害され、一族は人里から遠く離れた場所に村を作り、ひっそりと暮らすようになりました。

村の外で目立った行動をすれば他の仲間たちを危険に晒すことになってしまいかねないので、そういう奴は永久追放です。

完全に閉鎖された村ですね。

 

そんな環境に嫌気がさした大臣は、村を飛び出して都会へ一人旅立ちました。

 

大臣は退屈が大嫌いです。都会は遊ぶ場所がいっぱいあるけど、そんなのすぐに飽きてしまう。

じゃあ自分で作るしかない。

以下はそんな大臣の思考回路です↓

 

 何して遊ぼう、なんかおっきなことしたい、みんなが関わるような凄いこと→

 何でも屋さんいいなあ、何でも出来るし。作ろう→

 大臣になったぞ! 省も作ったぞ! そうだ何でも屋さんじゃださいから万事屋って名前にしよう、漢字の方がかっこいい! 各地に事務所作ろう、いっぱい。じゃあ事務所の名前とか要るよね、英語にしたらイカスかも!!→

 万事屋でカバーしきれないとこもあるな、じゃあ派生させよう。処理班と討伐師なんてどう?→

 こいつら全部査定すんの面倒だなあ、じゃあ査察局っての作って二ヶ月に一回監視に行かせよう→

 うわぁめっちゃ楽しい充実してる!

 

大臣って誰かに似てるなあって思ったら自分なんですねw 特に三行目からは完全に私の思考回路になってます。

もう大臣=私でいいです。

 

あと、大臣は結構人間不信です。

健康にさえ気をつければ長寿な一族の生まれだから、どうせみんな自分より先に死ぬし、勝手に裏切ったりしてくるし。

というわけで一人ぼっちで誰も信じず生きてきました。

 

そんなある日、アンドロイドのアヤメさんと出会いました。

この経緯については今はまだ非公開とさせていただきます。このネタバレはアカン。

 

なんやかんやあって、大臣はアヤメさんを気に入りました。

優秀な機械だし自分のことだけを考えてくれるし無駄なことはしない、何よりメンテナンスさえすれば何百年でも稼働する。

まさに理想のパートナーでした。というわけでこの二人はいつも一緒にいます。

 

 

ちょっと待って。予想外だよ、こんなに長々と語ってしまうとは思わなかった。

ので、ビジュアルの方へ進みたいと思います。

 

 

また語らせていただきます。

ていうか茶髪キャラ二人目なんですがしょうがないですね。

ローファンタジーの世界において説明のつかない髪と目の色は嫌いなんです。

 

一応『O.K!』の世界観を語っておきますと、現代から数万年先の、未来の世界です。

魔法と科学が同じくらい発達しており、研究なんかを重ねている内に生物が進化したり巨大化したり凶暴化したり、

外国人と血が混ざって黒髪碧眼な子が生まれたり、人体実験や体内にある魔力の影響で髪色や瞳の色が変わってしまったり……。

そういう世界です。

例えば夕ちゃんが赤目なのは一族の誰かが魔力の影響で変色して遺伝され、

七が碧眼なのは母親が純日本人じゃないからです。まあ父親もそこまで日本人じゃないけど。

 

そういうわけで説明付けられない色に出来ないんです。私の中で納得しないといけないんです(面倒な奴)。

賢人族は外国人の血がそんなに混ざってないイメージなので現代の日本人並の髪色・目の色です。

まあここまで茶色なのは染めたんじゃないかな。染めたんでしょう。

 

上の引用にもありますが、賢人族は大体二種類の体を使い分けています。

少年~青年の体:魔力体力は衰えるが病気なんかに強くなる、セーブモード

二十代後半~中年:体力はその当時に戻り、魔力は变化前と変わらない、普通に生活する時に使用

といった感じです。

变化の仕方は結構えぐくて、皮膚とか骨とか筋肉がぐっちゃぐちゃと変形します。

なので他人には見せられません。物陰とかで行います。

 

 

それでね、あんなに長々と語っておいてそんなこと言うか!? って思われてしまいそうですが、

 

私こいつのビジュアル気に入ってません!!!!!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

なんかイメージと違う。私の中でぼんやりとあった大臣のイメージと違うんです。

でもかろうじて表現出来たのがコレなんです。絵って難しい……。

 

でさ、いっぱい描けば愛着沸くんじゃないかなって思ったんです。私って単純だから。

 

 

 

んでまあ見事に愛着沸いてきたんだよね~←←←

ホント我ながら単純すぎて開いた口が塞がらないよ。

なんかこれでもいっかって思えてきちゃったんだよね。

『O.K!』にはまだアホ毛キャラいなかったし。髭キャラもいないし。

耳出しいいじゃん。髪型もまあ、これから整えていけばいいし。

ストライプのシャツかっこいいじゃん。襟にはボタンが付いてるの、お洒落じゃん。

ネクタイは黒で、ちょっと前に流行ってた先が尖ってなくて四角くなってるやつ、シャレオツやん。

 

これでいいじゃん、ってなるよね。

まあまだ初期設定だし。ね!

 

というわけで大臣編は以上です。

 

 

 

アヤメ。苗字はなし。大臣の秘書や戦闘も出来る万能アンドロイド。

ていうかこの項目書く時にまともな初期ビジュアル描いてなくて今急いで描きました。

師匠と一緒のならあるんですけど、それは後で出す予定なので。

 

金髪オールバックは絶対って自分の中では決めていたんですが、

まろ眉は予想外でした。まさかこんな眉毛になるとは思ってなかったんです。

 

顔描いた後に何か足りない→眼鏡、はもういっぱいいるし……→眉毛をちょっと変えるか→驚きのしっくりさ

 

というわけで無表情まろ眉キャラになりました~。

 

アヤメさんについては現在公開できる話が全然ありません!!

さすがにネタバレにも限度ってもんがあるんで……申し訳ない。

まあとにかく優秀です。強いですし。メンテも大臣がめっちゃお金かけてるんで。

大臣に忠実です。何でも言うこと聞きます。

余計なこともしません。まあある程度は察して行動してくれたりもしますが。

 

というわけでアヤメさんの個人情報に関しては以上になりますー!

 

 

あ、余談なんですが、うちの子に胸大きい女子ってあんまりいないじゃないですか(と言っても女子キャラの数が少ない)。

うちの子全体で胸の大きい順に並べると師匠(Gくらい)・レインさん(Fくらい)・アヤメさん(Eくらい)になります。参考までに。

ていうかカップがこんな曖昧なのは実物見たことがないから。DかEは会ったことあるから大体分かるんですが……。

 

 

他キャラとの絡み

一部にして例です。こちらも参考までに。

 

 

・師匠と夕ちゃん

 夕ちゃんは師匠に逆らえないので大体されるがままです。

 別にスキンシップ嫌いなわけではないのですが、それ以上に発展する可能性があるので気が抜けない。

 しかもギャラリーがいようがいまいがお構いなしのオープンな人なので、行き過ぎるようだったら抵抗を試みます。

 まあ師匠は夕ちゃんの弱点を知っているんでそこを抑えられたら敵わないんですけどね~。

 

 

・師匠とアヤメさん

 温度差の激しい二人です。でもそんなに違和感ないコンビ(だと思うんですが)。

 しかし胸おっきいのが二人並ぶと、なんかうるさいですね←

 ちなみにこれは可愛い女の子を発見してはしゃぐ師匠と何も言うことがないのでいつも通り無言無表情なアヤメさんの図です。

 

 

・大臣とアヤメさん

 大臣はいつも大臣室でふんぞり返ってます。まあ外でも偉そうにしてますが。

 ドヤ顔を決めている大臣に仕事してほしいアヤメさん。大臣の世話は結構大変です。

 

 

・大臣と冬彼くん

 大臣はいつも飴とかチョコレートとかの小さいお菓子を持ち歩いてます。

 『O.K!』の事務所に行くと毎回何かくれるので、冬彼くんは大臣のことが好きです。現金な奴ですね。

 大臣も喜んでくれる相手がいるので嬉々としてあげています。気前は良い方。

 

 

・大臣と師匠

 師匠が基本的に我儘でぐいぐい押すタイプなので、自分のペースを見出されてしまうから苦手に思っている大臣です。

 自分好みの女の子を斡旋しろとかよく言ってきます。その度にうんうんまた今度ねと流す大臣。

 まあ大臣も退屈はしないんで無碍にすることはありません。

 書いてて思ったんですが、このコンビも案外好きです。

 

 

 

ていうか何でも好きだわ!!! うちの子のコンビとかCPとか何でも好きだわうちの子だし!!!!

うちの子みんな大好きだし!!??? 全部好きだよ!!!!

 

 

終わりに

 

荒ぶってしまってすいませんでした。

しかし、気に入らんビジュアルだと思ってた大臣も段々気に入ってきたんでホントちょろいなわしって感じです(適当)。

 

とにかく、新しく作ったキャラデザ三人組の紹介・解説は以上になります!

これでtwitterの呟きから漁らなくて済む! 若干見やすくなった程度だけど!!

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

本編が読めるようになったらこの三人の活躍にもご期待ください。

ではでは~!